笑っている女性
黒髪の女性

価格設定を知ろう

グルコサミンには、すり減った軟膏の再生に効果があります。
そのため、関節痛の治療に役立っています。
さらに、研究で寿命が伸びる可能性があることもわかっています。
また、ヒアルロン酸の生成を促進する働きもあります。
それにより、肌の水分量が保たれ美肌効果、肌の老化を防ぐなど美容にも効果があります。
1日の目安摂取量は、約1,000mg~1,500mgです。
もともと体内に存在する成分のため多量に摂取しても効果が高くなることはありません。
カニ、エビなどの甲殻類にこの成分が多く含まれているため、それらを食べることでも摂取することができます。
しかし、摂取量分を食べるのは難しいのでサプリメントが一番手軽に摂取できます。

もともとはチキンキトサンの食効に関する研究から始まりました。
この基礎研究や応用から、グルコサミンの研究に繋がりました。
1960年代のイタリアの研究で、グルコサミンの効果が確認されました。
しかし、日本やアメリカではこの効用はあまり知られていませんでした。
それは、医薬品として認められていなかったためです。
1982年ポルトガルでは、変形性関節症の緩和も確認されています。
さらに、1990年アメリカで競争馬やペットなどへ関節炎治療として用いられるようになります。
知名度が上がったのは、1997年に入ってからです。
アメリカの医師がグルコサミンに関しての本を出版しました。
これにより、栄養補助のための食品として注目を浴びるようになったのです。